すあろぐの記事の書き方を公開します。

miyamoです。

先日、他にブログを書いている人と話をした時に、「miyamoってブログの文書長いよね?」と聞かれることがありました。

僕は、そんなに長い文書を書いているつもりはないのですが、その人から見ると長く書いているようです。

ということで、確認してみました。

過去15記事を投稿していますが、平均文字数は2582文字でした。最少で1513文字、最大で4176文字という結果になりました。4176文字の記事は、PHPのソースコードが多かったので、この文字数になっています。

15記事中11記事が2000文字を超えていました。こう見てみると、長いんですかね?

書きたいことを書いていたら、結果的に文字数が多くなっていたというだけなんですが、たぶん皆さん、そうではないかと思います。

ただ、なかにはなかなか記事の文字数が増えないよ〜と、悩んでいる方もいるかもしれませんので、僕の文書の書き方を公開してみます。

それでは、いってみよー。

スポンサーリンク

読みやすい文書を構成するには?

ただ長ければ良いというものではありません。読みやすくする工夫も必要です。

必ず見出しを使うこと

長い文書が、区切りもなく続いているのは、読みやすいですか?

僕は読みにくいです。どこからどこまでが一区切りかわかりませんし、読んでいて疲れてしまいます。

見出しを挟んで、文書を構造化していきます。

見出しはあらすじ、見出しだけ読んで意味がわかるようにする

ふだんネットの記事を見るときにどんな読み方をしていますか?1文字1文字全ての文書を読んでいますか?

特にスマホだと、斜め読みや流し読みではないですか?そのなかで、興味がある記事、ためになる記事だった時は、はじめから読み直すというようなことはないでしょうか?

ブログを読んでもらおうと思ったら、斜め読みでもなにが書いてあるのか、わかるようにしておく必要があるんです。

初回に読んでもらえるのは、見出しくらいです。見出しだけを読んだら、話のあらすじがわかるようにしておくべきです。

本文は見出しを補完するもの、見出しの内容を詳しく説明する

本文は見出しにかかれていることを、詳しく説明していくものだと思ってください。なので、本文は見出しに書かれていることにそって書いていきます。

あまり見出しとは関係ないことを書かないようにします。もし、あまりにも内容がかけ離れそうなら、別の見出しとして、そこに書いていきましょう。

見出し=段落を正しく使う

見出しとして使うのは段落です。

WordPressなら、段落1〜段落6までが用意されています。HTMLタグでいうところの、H1〜H6です。段落1(H1)は記事タイトルで使われていますので、段落2(H2)以降を使っています。

僕は、段落2と段落3をメインに使っています。この記事も、段落2と段落3で構成されています。

段落2を大見出し、段落3は中見出しとしています。小見出しが必要なときには、段落4を使うようにしています。

また、段落は順番に正しく使う必要があります。段落2→段落3→段落3→段落2→段落3→段落3のように、順番で使うようにします。

おすすめする見出しの数

僕がおすすめする、見出しの数は大見出しが3つです。それぞれの大見出しのなかには、中見出しを2つ〜4つくらいとします。

この構成だと、大きな話題が3つ、そのなかに関連する話題が2つから4つということになります。

これはあくまで目安なので、話の流れが不自然にならないようにしてください。

すあろぐでの文書の効率的な書き方

ここまでに説明で、文書の構成のしかたは、わかってもらえたと思います。それでは、僕の文書の書き方をご紹介します。

まず見出しだけを書きあげる

先ほど、見出しはあらすじという話をしました。見出しだけを書き上げて、全体の文書構成を作り上げてしまいます。これで、話の流れができます。

たとえば、先日アップしたこちらの記事「FX初心者に贈る最短で勝ち組になるための勉強法」も同じように、こんな感じで、まず見出しだけを書き上げました。

20150416-1

この見出しを書いただけで、すでに461文字になってます(笑)

話の流れがスムーズな見出しとなっているか?

見出しが書き終わったら、この見出しだけで、意味がわかる文書の流れになっているか、確認して下さい。これで話がつながらなかったら、直していきます。

本文は書きやすい見出しからでOK

本文は、上から書いていく必要はありません。書きやすい見出しのところから書いてもかまいません。

全部書き上げたときに、流れがおかしいところや、つながりがおかしい所があれば、微修正していきます。

慣れてくれば、上から書いていっても早く書けるようになります。

本文を書き終わったあとの推敲作業のやり方

文書は書き終わったら終わりではありません。どちらかと言うと、そのあとの推敲(すいこう)作業のほうが大切です。

誤字脱字のチェック

まず、誤字脱字のチェックです。夢中で書いているときは気づきませんが、あとで見直すと結構見つかります。

文書のゆらぎのチェック

ゆらぎとは、同じ単語を何回か使うときに同じ表記になっているか、ということです。

たとえば、「ください」と「下さい」のように、音では一緒ですが、表記が違います。このようなものを、どちらかに統一していきます。

難しい言い回しは声に出して読んでチェック

実際に声に出して読んでみると、読みにくいところがまれにあります。

言い回しが難しかったり、回りくどい表記になっているところなどです。そのようなところを、簡単な文書に直します。

時間をおいてから見直すのも有効な方法

書いているときは、書きたいこともわかっていますし、内容もわかっていますので、簡単な間違いを見逃してしまうこともあります。人間は、頭のなかで補正して読んでしまうので、気づきにくい傾向にあります。

しかし、しばらく時間が経つと、それらのことがリセットされ、新鮮な気持ちで文書を見ることができます。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

僕はこんな感じで、文書を書いています。この方法で書き始めてから、とても書きやすくなりました。

ですが、一度も文字数を気にしたことはありません。結果的に、この文字数になっているだけです。文字数だけにとらわれるのではなく、読んでよかったと思われるような文書を、書いていくようにしましょう。

文書の書き方に悩んでいる方の、何かの参考になれば嬉しいです。

おしまい。miyamoでした。

スポンサーリンク

この記事がおもしろかったらシェアしてもらえると嬉しいです。

Twitterでのフォローお待ちしています。