僕が車中泊旅行をおすすめする理由

photo by DomiKetu

photo by DomiKetu

miyamoです。

今日まで車中泊旅行に行っていました。木曜日にふと思いついて、その日の夜に出発しました。車中泊のいいところは、こんな風にパッと思いついてすぐに出かけられるところです。

これが普通の旅行だと、宿の手配など事前準備が必要です。その日に思いついてすぐに出かけるということも難しいかもしれません。

車中泊を始めたのは、ワンコ連れだと泊まれるところが制限されるためです。ペットの宿泊ができるホテルや旅館は数えるくらいしかありません。ペット連れで泊まれるところというと、主にペンションになります。

ペットの宿泊ができるペンションは意外と多く、なかにはペットの宿泊をメインにしているところもあります。ペンションに泊まると、1泊2食で1万数千円します。結構かかるんですね。

ペットと一緒に旅行に行きたいけど、お金がかかる。でも行きたい。そんな中で思いついたのが車中泊で、宿泊料金を浮かすことでした。宿泊費がまるまるかかりませんので、旅行回数を多くできたり、浮いた分で美味しいものを食べたり。

車中泊を始めて3年くらいになります。今ではすっかり、宿泊施設に泊まる旅行はしなくなってしまいました。

今回は、車中泊をおすすめする理由を書いてみたいと思います。

それでは、いってみよー。

スポンサーリンク

車中泊旅行をおすすめする理由

僕が車中泊で1番感じているメリットは、旅行に自由度が増すことです。

時間、場所に縛られないで自由に出かけられる

旅行に行くためには、泊まる場所を確保する必要があります。旅行シーズンは混んでいて、なかなか宿を予約することができないということはありませんか?

今日の今日で空いている宿が簡単に見つかりますか?

食事付きの宿だと、食事の時間が決まられていませんか?

他の場所にしたくても、宿を予約しているので、思いつきで変えられませんよね?

宿に泊まる場合は、宿によって制限を受けてしまうことがありますね。

それが車中泊なら、全て自由です。いつ行くのも、どこに行くのも、何時に行くのも、自分次第です。

はじめは那須を目指していただけど、気が変わって軽井沢に行きたいということもできます。

宿泊費用が大幅に抑えられる

宿に1泊泊まると、1万数千円はかかります。夫婦でなら2万円以上です。これが、車中泊ならまるまるかかりません。

車中泊の場合、宿に泊まらないので食事代が別途必要なのと、日帰り温泉などでの入浴費用がかかります。入浴費用は高くても1000円程度なので、宿に泊まるのと比べると、必要な費用は少額です。

食事も自分の好きなものを食べられますので、節約したければスーパーのお弁当などという手もあります。

僕は宿泊費用をおさえた分、その土地のおいしいものを食べるようにしています。宿泊費を食費に回しているわけです。

ペット連れでも自由度が増す

ペットを連れていると、泊まれる場所が限られてきます。

泊まるとしたら、ペンションになります。泊まれるとはいえ、鳴き声を気にしたり、粗相をしないかなど、心配事は多いです。

気兼ねなしに泊まれるということでも、車中泊は良いですね。車中泊をされている方の中には、ペット連れという方も多いです。考えることは一緒ですね。

車中泊で考えておくこと

車中泊はいい事ばかりではありません。デメリットも考えておく必要があります。

大きめの車が必要

車の中に止まりますので、車の大きさ=快適さとなります。小さい車でも寝れないことはありませんが、体が痛くなったり、熟睡できないなど、あまりおすすめできません。

僕も車中泊をするために、トヨタのヴォクシーに乗り換えました。もともと車を買い換える予定があったので、車中泊のために買ったわけではありませんが、車中泊前提に車種選びをしました。

やっぱり、車中泊をするのであれば、ワンボックスタイプの車がおすすめです。

初期投資はちょっとかかる

車中泊に必要なものはそれなりにあります。車中泊マット、寝袋、窓に貼るサンシェードなど。全部揃えると、数万円くらいかかります。

それでも、宿に泊まるくらいの費用で揃えられますし、そのあとはかかりません。

暑さ寒さ対策が必要

真夏や真冬は、季節としては車中泊向きではありません。車中泊に暑さと寒さは大敵です。

ですが、これらも工夫次第でいかようにもなります。今後の記事で対策を紹介する予定です。

長期の旅行はやっぱりきつい

車中泊マットなどを使えば、そこそこ寝られる環境は作ることができます。しかし、ふとんやベッドで寝るのとは違って、快適か?と聞かれれば、まぁまぁと答えるでしょう。

3泊くらいまでなら過ごせますが、それ以上になると、間に宿泊施設での宿泊を挟んで、車中泊で疲れた体を休める日を作ったほうが良いです。2泊3日くらいの旅行なら全然余裕です。

家族が多いと難しい

僕のところは、奥さんとワンコだけで子供なしなので少人数です。これが、お子さんがいて4人家族とかになってくると、さらに大きな車が必要になってくるかもしれません。

車中泊中にお子さん連れで車中泊されている方に会います。ハイエースなどの大型ワンボックスから、ヴォクシーくらいの大きさでなんとか工夫されている方など、さまざまです。なんとかなるといえば、なんとかなるのでしょうね。

中には、キャンピングカーを使われている方もいます。お子さん連れだと、キャンピングカーを使われている方が多いように思いますね。ここまで来ると、車中泊の域を完全に超えてますが、ものすごく快適そうです。いいなー。

まとめ

僕のところの場合は

  • ワンコ連れでの旅行
  • 奥さんと二人で少人数
  • 車を買い換えるタイミングで大きい車にできた

など、車中泊にむいている環境でした。

旅行代金を節約できる分、行く回数が増えましたし、行った土地での美味しいものをたくさん食べることができるようになりました。

今後の記事で車中泊入門のようなものを、書いていきたいと思っています。

おしまい。miyamoでした。

スポンサーリンク

この記事がおもしろかったらシェアしてもらえると嬉しいです。

Twitterでのフォローお待ちしています。