FX初心者こそ見てほしい。ナンピンとストップなしで大損した話。

photo by GotCredit

photo by GotCredit

miyamoです。

かれこれ7年前。まだレバレッジ規制もなく、FX会社各社がレバレッジの高さを競っていた頃の話です。

当時、FXを始めた僕は、怖いもの知らずでした。入金してレバレッジを目一杯かけてトレードしていました。

ビギナーズラックって本当にあるんですね。面白いように勝てました。そして資金は入金額の倍になっていました。

そんなビギナーズラックも長くは続かず。神様のいたずらでしょうか、見事地獄に叩き落とされることとなりました。

今思えば、当然といえば当然の結果なのです。その時はFXトラウマになって、しばらくトレードできない状態になりました。

これからFXを始める人や、始めたばかりの人に同じ失敗を繰り返してほしくない。過去の実体験を書くことで、みなさんの参考になればと思います。

今ではレバレッジ規制もありますので、それほど大きなダメージにはならないかもしれませんが、トレードをする上で絶対に気をつけていただきたいことです。

お見逃しなく。

スポンサーリンク

ビギナーズラックから地獄に落ちるまで

まずは、僕の実体験をそのままに語ります。

ビギナーズラックは本当にあった

FXのビギナーズラックと言うものはあります。

ありますというか、初心者の頃は怖さを知らないので、ここは!と思った時に躊躇なくエントリーできるので、勝てるんだと思っています。

これがビギナーズラックの正体じゃないでしょうか。

ビギナーズラックを実力と勘違い

今思えばビギナーズラックで勝てていたのですが、当時はこれはいける!このままいけばサラリーマン引退も夢じゃない!とさえ思っていました。

当時使っていたのもストキャスくらいで、セオリー通りに20%と80%を目安にトレードしていました。

多少マイナスになっても、待っていればプラスに戻ったものです。

もちろんストップロスなど入れていませんでしたので、ただ損切りせずにじっと耐えていただけなんですけどね。

今思えば、これで資金が倍になるまで勝てていたというのは、ただのラッキーでした。

あの日さえなければよかったのに

ここからが地獄の始まりです。

何気なくエントリーしたポジションが大きなマイナスに

そんなある日、いつもならプラスに戻るのですが、一向に戻る気配がありません。

-30pips、-40pipsとどんどんマイナスが膨らんでいきます。

Why?なぜ?いつもなら戻るのに。ここまで来ると戻ることを祈るだけになりますね。

そしてナンピンを実行

-50pipsくらいまでマイナスが広がった時に、とうとう禁断の果実ナンピンに手を出しました。

ナンピンのいいところは、少しでも戻ればナンピンしたポジションがプラスになりますので、全体のマイナスが少なくなります。

そう、戻ればです。

戻らなければ、とたんに自分に牙を向く恐ろしい存在となります。

さらにナンピンを繰り返す

藁をもすがる思いでナンピンをしたのですが、マイナス方向は一向に改善せず。

ナンピンした分も含め、マイナスが広がっていきます。

少し戻す気配を見せたところで、さらにナンピンをしてしまったのです。

なぜでしょう。今なら絶対しないのに、当時はナンピンで助かると思ったんですね。

画面に並ぶマイナス評価の恐ろしさ

3つのマイナスポジションが画面に並びます。

すべて10万通貨。合計で30万通貨分のマイナスポジションが並んでいます。

後悔してもあとの祭り。ナンピンしたことを悔やむのでした。

損切りを決意

トータルでマイナス30万円の評価となっています。

これ以上、傷を広げないためにも損切りが必要です。

損切りしなければマイナスは確定しません。戻るかもしれません。

しかし、チャートを見ても戻るような気配はなし。

泣く泣く、損切りをしました。最終的に決意したのは、マイナス35万円になった時でした。

損切り後に反対方向に動くというマーフィーの法則発動

そして、損切りをした途端に、反対方向に動くチャート。

いいんです。反対方向に動いたのは結果論です。もしかしたら、そのままマイナスが増えていたかもしれません。

そしてトラウマになる

これだけ大きな損切りをすると、トラウマになります。

しかも、ナンピンを繰り返したことで、マイナスが広がったという、完全に自己責任です。

これには落ち込みました。ナンピンさえしなければと、何度悔やんだことか。

今でも傷は癒えない

今でも、この時の傷は癒えていません。エントリーするときは怖いです。

ポジションを持っているときは、ドキドキします。

ですが、今ではルールがあるので、きちんとストップロスを適切な場所で入れていますので、前のように大きな損にはなりません。

過去の失敗からの3つの教訓

トレード手法やテクニックの前に、絶対に守りたいことです。どれも当たり前のことです。

ストップロスを必ず設定すること

ストップロスを入れずにトレードすることは、マイナスを限定できない非常に危ないものです。

僕の実体験でもそうですが、ストップロスさえ入れていれば、1つ目のポジションが適切な場所で、損切りされ損が拡大することもなかったはずです。

チャートを見ると、損切りに適した位置があるはずです。そこに損切りを入れればいいだけです。

そのような損切りポイントがわからないようなチャート状況だった場合は、エントリーしなければいいんです。

無理に難しい相場でエントリーする必要はありません。もっと分かりやすい相場の時にエントリーしましょう。

ナンピンは絶対にしないこと

ナンピンは百害あって一利なし。僕は完全にナンピンを封印しました。

ナンピンしないと勝てないようなエントリーは、そもそも負けトレードなのです。

清く損切りして、次のトレードに備えましょう。

ポジションを持ったままにしない

実は、この実体験は1日半くらいの出来事です。日中は仕事でした。

仕事中もポジションの状況が気になり、ちょくちょく携帯(当時はスマホがありませんでした。)でポジションチェックをしていました。

何度見てもマイナスはマイナスのまま。もちろん、気になって仕事が手につきません。

トレードは、家でゆっくりチャートを見られるときにするのが一番です。

チャートをじっくり見られないところで何か起きたら、対応することができません。

ドル円の最安値を付けた暴落の時も、明け方でした。デイトレードなら、日をまたいでポジションを持ち越すことはリスクが高いです。

そのようなこともあり、寝る前にはポジションを必ず決済するようにしています。

実は基本的なことばかり

ここにあげた教訓は、ごく当たり前のものばかりです。

しかし、初心者の頃は、この当たり前のことができないことも多いです。

こんなことで退場するのはもったいないことですので、トレード時には気をつけて頂きたく、3つの教訓としました。

まとめ

世の中には、数百万、数千万と損した人もいると聞きます。

しかし、35万でも僕にとっては、トラウマになるような大きすぎる損でした。

それでも、いまでもFXを続けているのは、少ない資金で短期間に大きく稼げるのはFXしかないと思っているからです。

僕には将来の夢があります。その夢を実現するための手段がFXというわけです。

みなさま、良いFXライフを。

おしまい。miyamoでした。

スポンサーリンク

この記事がおもしろかったらシェアしてもらえると嬉しいです。

Twitterでのフォローお待ちしています。