ノマドワーカーはガストのモーニングに集え!

今日のネタが見つからず絞りに絞ってようやく見つけられたmiyamoです。

僕の会社は、フレックス勤務&フリーアドレスというワーキングスタイルをとっています。

ノートPCとスマートフォンをわたされ、基本的にはどこで仕事をしてもいいということになってます。

ここ何年かで始まった働き方なので、古くからいる人には馴染めないみたいです。

まぁ、本人が馴染めず9時〜18時で働くのは勝手ですが、そうしていない人を冷ややかな目で見るのはどうなのか?新しい施策に乗り切れてないだけじゃん。

僕は、このフレックスとフリーアドレスを最大限活用して、働く場所を時間により変えている、半ノマドワーカーです。

ようやく本題ですが、朝型&ガストでのノマドワーキングを実践しているのですが、これが結構いいものなので、お伝えしたいなと思います。

スポンサーリンク

まず朝型勤務のメリット

意識高い系の人の朝活とは違います。朝から勤務時間にしているだけです。

基本勤務時間は7時〜16時としていて、朝早くから勤務し夕方には仕事終わりということです。

朝から働くことのメリットがいくつかありますね。

仕事終わりの時間が早い

7時から勤務開始とすると、16時が定時です。残業は嫌いなので、余程のことがない限りしません。

16時に終わると、夜まで時間があるのでまだ半日あるようなものです。

結構いろいろなことができますよ、といいながら最近はブログを書くだけに終わってますねー。

もっと活用したいところです。

通勤電車がかなり空いている

僕が家をでるのは朝6時ごろです。この時間だと、電車がかなり空いています。

僕は満員電車がとても嫌いで、もともとは満員電車を避けるために始めたものです。

帰りも早いので、座ることができます。帰りに電車の中でブログを書いたりできるので、通勤時間が有効に使えます。

ガストのモーニングが利用できる

これは僕だけかもしれませんが、ノマドワーキングスペースとして、ガストのモーニング時間帯を利用しています。

これについては、詳しく。

朝ガストのススメ

ファミレスのガストですが、リーズナブルなためか、ランチタイム以降は若い子が多く、うるさいイメージがあります。

モーニングに利用して、ノマードワーキングスペースとして利用しても大丈夫でしょうか?

モーニング時間帯はとても静か

ランチタイム以降にうるさいのは、複数人できておしゃべりしているからですね。

ですが、モーニング時間帯は、一人で来ている人がほとんどです。

そのため、ガストとは思えないくらい静かな空間となっているのです。

モーニングメニューがお得

モーニングメニューはいくつかありますが、いつも頼むのはこれ。

20150522-1

トースト、ゆで卵、ドリンクバーのセットで299円です。ドリンクバー単品と同じ価格です。ならこっちですね。

なんといってもドリンクバーが付いているのがうれしい。そのおかげで、長時間いても飲み物が常にある状態です。

長時間いても大丈夫?

限度はありますが、ランチタイム(11時位?)までなら、比較的お客さんが少ないので、長居してもそれほど迷惑になりません。

7時から利用して最長4時間の11時までいたことがあります。1時間あたりのコストにしたら、80円弱です。

ドリンクバーもついてこの料金で利用できるノマドワーキングスペースは、なかなか無いですね。

ランチのお客さんが増えてきたらどくようにしますし、その前でも満席になりそうなら帰るようにしています。

いつもいると常連さんがわかってきて、顔ぶれも似たり寄ったりです。

同じように仕事をしている人、勉強に励んでいる人、夜勤明けのタクシー運転手など、いろんな人がいます。

難点をあげるとしたら・・・

唯一の難点は、電源が無いことです。そして最大の難点です。

ガストでも店舗によっては電源があるようですが、広く情報が公開されているわけではありません。

まとめ

早朝のノマドワーキングスペースとして、モーニングタイムのガストはおすすめです。

電源が無いという大きな難点はありますが、丸1日いるわけではないので、なんとかなっています。

安く、ドリンクバーがあり、静かに仕事ができるモーニングタイムのガストを利用してみてください。

おしまい。miyamoでした。

スポンサーリンク

この記事がおもしろかったらシェアしてもらえると嬉しいです。

Twitterでのフォローお待ちしています。