カエレバとAmazonJSの違いを調べてみた件

miyamo(@dailysualog)です。

アドセンスと並んで気軽に導入できるのが、Amazonアソシエイトです。

アソシエイトのアカウントがなかなか取得できないという話をたまに聞きますが、普段から買い物をしているAmazonアカウントで申請したら一発で通りました。

ブログの中に、Amazonアソシエイトのリンクを簡単に貼れる仕組みとして、かん吉さんが運営しているカエレバと、WordPressプラグインのAmazonJSがあります。

どちらもAmazonアソシエイトのリンクを貼るという意味では同じですが、その動きが全く違います。

カエレバは静的、AmazonJSは動的という印象を持っています。

この2つの違いと、すあろぐではどちらを使うことにしたのかということを、今回は書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

カエレバとAmazonJSの違いについて

どちらも、Amazonアソシエイトのリンクを簡単に作成してくれます。

カエレバはWebサービスになっていますので、カエレバのサイトで必要事項を登録して、紹介したい商品を検索すれば、リンクを作成してくれます。それを記事内にコピーすれば完了です。

AmazonJSは使い始めるまでに若干手間がかかりますが、設定が終われば記事の投稿画面から、簡単に商品リンクを挿入することができます。

それでは、この2つの違いを見ていきます。

一番の大きな違いは他のアフィリエイトのリンクも作れること

AmazonJSは、Amazonアソシエイトのリンクしか作ることができません。

カエレバなら、Amazonアソシエイトのリンクのほかに、楽天アフィリエイトやYahoo!アフィリエイトなどのリンクも同時に作ることができます。

一番の大きな違いはここですね。楽天アフィリエイトなど、ほかのアフィリエイトのリンクも同時に貼りたい場合は、カエレバ以外の選択肢はありません。

カエレバのリンクの仕組み

カエレバで作成したリンクを貼った時に、記事内には次のように表示されます。

20150723-01

大きく分けて、2つのリンク方法があります。

①は、AmazonのASINを指定して、リンクが貼られています。

ASINとは、世界最大級のECサイトであるAmazon.comが策定した、商品識別用の10桁の番号コードのことである。Amazonで取り扱われる全商品のうち、書籍以外の商品すべてに与えられている。

IT用語辞典より

①をクリックした場合は該当する商品のページに飛びます。

20150723-05①から飛ぶ商品ページ

②は、カエレバで商品を検索する時に指定したキーワードで検索画面に飛ぶためのリンクです。

②をクリックすると、それぞれのサイトの検索結果ページに飛びます。

20150723-06②から飛ぶ商品検索ページ(Amazon)

20150723-07②から飛ぶ商品検索ページ(楽天)

このように、2種類のリンク方法が用意されています。

カエレバで作ったリンクは情報が更新されない

カエレバでは、作成した時点での情報で固定されます。

①に書いてある商品名は、カエレバを作成したときにAmazonの商品ページに書かれていた商品名が使われます。

カエレバリンクでは

「45週連続ランクイン! 大人気のオンリースタイル『車中泊専用マット』」

となっていますが、現在の商品ページは

「オンリースタイル 車中泊専用マット 災害時も大活躍!【1枚】」

と変わっています。

カエレバリンクでは、この変化に対応することができません。変えたい場合は、リンクを貼りなおすか、ソースを修正する必要があります。

これが僕がイメージした「静的」という意味です。

AmazonJSのリンクの仕組み

AmazonJSでAmazonアソシエイトリンクを作ると、記事内にショートコードが埋め込まれます。

貼られるショートコードの例

[amazonjs asin=”B0052SR9JK” locale=”JP” title=”オンリースタイル 車中泊専用マット 災害時も大活躍!【1枚】”]

asinがAmazonのASINを指定して、商品を特定しています。localは、amazon.co.jpなのでJPで指定されています。titleはJava Scriptが無効だったときに表示されるタイトルです。

このショートコードから作られる、Amazonアソシエイトのリンクがこちらです。

20150723-02

赤枠で囲ったところがリンクとなっています。すべてASINが指定されているので、商品ページに飛びます。

AmazonJSは定期的に情報が更新されます

AmazonJSは、ショートコードで呼ばれたときにAmazonから情報をとってくるので、その時点で最新の情報が表示されます。タイトルや、価格などが最新となります。

これが、AmazonJSは「動的」という意味です。

ただし、Amazonから取得した情報は、WordPressのサーバーにキャッシュされます。

キャッシュの有効期限がきたら再度Amazonに取得しにいきますが、それまではキャッシュから情報を取得して、表示する動きとなります。

リンク内の「(2015/7/23 12:32時点)」と書かれている日時が、Amazonから最後に情報を取得した時間です。

キャッシュの有効期限は24時間です。そのため、24時間以内に情報が更新され販売価格が変わっていても、キャッシュからの情報を表示するので、AmazonJSリンクの価格は変わりません。

リンクでは、17,000円と表示されていたのに、実際にAmazonに飛んだら22,000円だったということもあります。

これでは、買おうと思ってAmazonに飛んだのに、価格が高くなっていたやーめたということにもなりかねません。

このキャッシュの有効期限を変える方法があるので、この記事の後半でお伝えしますね。

すあろぐのAmazonアソシエイト運営

これまで、カエレバとAmazonJSについて説明をしてきました。

リンクのクリックのされ方から、AmazonJSにしようかなと思っています。

各アフィリエイトごとのクリック数の違い

カエレバでは、Amazonアソシエイトのほかに、楽天アフィリエイト、Yahoo!アフィリエイトのリンクも作ることができます。

しかし、クリックされるのはAmazonばかりで、楽天やYahoo!ショッピングがクリックされることはほとんどありません。

Yahoo!はほとんどゼロ、楽天でもAmazonの1/20くらいです。これでは、Amazon以外を貼っている必要がありません。

Amazonアソシエイトに一本化

こんな状況なので、Amazonアソシエイトだけにしようと考えています。

Amazonアソシエイトに絞るなら、AmazonJSの情報が定期的に更新される機能が魅力的なので、リンクをAmazonJSに変更しようと思います。

それほど多く貼っているわけではないので、今度の週末にでも作業をしてみます。

AmazonJSをちょっとだけ使いやすくする

先ほども少し触れましたが、AmazonJSはAmazonから取得した情報をキャッシュします。

そのキャッシュの有効期限を24時間から1時間に変えて、情報の鮮度を上げようということです。

AmazonJSに表示される内容はキャッシュされる

AmazonJSをインストールするときに、WordPressのサーバーにキャッシュ用のフォルダを作成したと思います。

wp-content/cache/amazonjsというフォルダの中に、Amazonの情報を保存しているキャッシュファイルが作成されます。

一部を抜粋すると、

s:5:”Title”;s:86:”オンリースタイル 車中泊専用マット 災害時も大活躍!【1枚】”;
s:14:”FormattedPrice”;s:10:”¥ 22,680″;

このように、商品名と価格が保存されています。

この情報を使うため、キャッシュの有効期限が長いと、Amazonの現在の情報と違ってくることがあります。

キャッシュの有効期限を変更する

ということで、常に情報を新しくしたいので、キャッシュの有効期限を24時間から、1時間に変更してみます。

まず、プラグインの一覧を表示させてください。その中に、AmazonJSがありますので「編集」をクリックしてください。

20150723-03

AmazonJSプラグインの編集画面が表示されます。

20150723-04

少し下にスクロールすると、「const CACHE_LIFETIME = 86400;」と書かれているところがあります。

この数字(86400)が有効期限を秒で指定しているところです。86400秒=24時間です。

今回は1時間にしたいので、この数字を3600に修正します。これで、キャッシュが1時間ごとに更新されるようになります。

修正したら「ファイルを更新」をクリックして、修正を反映させてください。

これで、指定した時間間隔でキャッシュが更新されるようになります。

ただし、プラグインを更新した場合は、修正が上書きされてしまいますので、再度の修正が必要となります。

まとめ

AmazonJSは、初期設定が面倒だなぁという印象がありインストールをしていなかったのですが、やってみたら簡単でした。

いつもなら、AmazonJSのインストール方法も書くのですが、記事が長くなりすぎるので、別の記事に譲ります。

書くかなぁ、書かないかなぁ、ほかにも良い解説記事があるので、そちらを読んでいただいても。そのうち書くと思います、たぶん。

おしまい。miyamo(@dailysualog)でした。

スポンサーリンク

この記事がおもしろかったらシェアしてもらえると嬉しいです。

Twitterでのフォローお待ちしています。

コメント