ファーストキャビン御堂筋難波宿泊記~宿泊感想編/大阪ホテル

miyamo(@dailysualog)です。

過去3回にわたっておおくりした、ファーストキャビン御堂筋難波の宿泊記も今回が最終回となりました。

ファーストキャビン御堂筋難波の施設に関してお伝えしたので、今回は実際に宿泊してみた感想を書いてみたいと思います。

今までの記事はこちらです。

第1弾:ファーストキャビン御堂筋難波宿泊記~部屋紹介編/大阪ホテル

第2弾:ファーストキャビン御堂筋難波宿泊記~入浴施設編/大阪ホテル

第3弾:ファーストキャビン御堂筋難波宿泊記~共用施設編/大阪ホテル

第4弾:ファーストキャビン御堂筋難波宿泊記~宿泊感想編/大阪ホテル(本記事)

ファーストキャビン御堂筋難波の一番の魅力は、格安で泊まれるというところと、カプセルホテルに比べると広い部屋、同価格のビジネスホテルに比べるときれいということでしょうか。

価格が安い分、部屋に鍵をかけられない、まわりの音が聞こえるというような気になる点もあります。

部屋に鍵をかけられないのは、簡易宿泊所扱いになっているので決まりごとになっています。

場所も繁華街に近いところにありますし、駅にも直結しているのでとても便利です。立地はとてもいいです。

それでは、宿泊レポートをお送りします。

スポンサーリンク

ファーストキャビン御堂筋難波/気になった点

まずはじめに、泊まってみて気になった点をお伝えします。

一番大きなところは、部屋に鍵がかからないということと、まわりの音が聞こえてしまうということです。

部屋に鍵がかからないということ

先日お送りした部屋(キャビン)のレポートでもお伝えしましたが、法律的に簡易宿泊所という分類になっているので、部屋に鍵をかけることができません。

20150621-5

カプセルホテルも同じような扱いなので、寝るカプセルはブラインドだけで鍵がありません。ファーストキャビンも、アコーディオンカーテンで仕切られているだけです。

その分、宿泊費が安くなっていますからね。価格をとるか、ちゃんとした部屋をとるかだと思います。

キャビン内には鍵のかかる引き出しがありますから、寝るときは、貴重品や荷物をそこに入れて鍵を枕の下に置いていました。

20150621-10

他にも、フロントの横にセキュリティーボックスがありますので、貴重品をそこに入れておくという手もあります。

20150621-2

これらの工夫で、夜中にいきなり開けられて貴重品を持って行かれるということは、防げるんじゃないでしょうか。

まわりの音が聞こえるということ

簡易的な部屋ですので、まわりの音が聞こえてきます。隣の人のいびきも聞こえるくらいです。(自分のも聞こえていたかも)

こればっかりは仕方ないですね。防音された部屋で寝たいなら、ちゃんとしたホテルに泊まるしかありません。

フロントで耳栓が用意されていて、自由に取ることができます。

20150621-4

ただし、残念ながら材質の問題か、それほど遮音性能が高くありませんでした。

耳栓としておすすめしているのは、材質が弾性ポリウレタンで作られた、100均ショップのセリアで売られているものです。

20150503-3

参考:100均アイテムで手に入れる熟睡。耳栓で睡眠改善。

僕は、このセリアの耳栓を持っていきました。おかげで、まわりの音が全く気にならず、熟睡することができました。

残念ながら、難波にはありませんが、お隣の心斎橋にはセリアの店舗がありますね。こちらで仕入れるのもいいかも。

ファーストキャビン御堂筋難波/良かった点

お伝えした気になった点は解決策がありました。この2点が何とかなれば、とてもいいところです。

それでは、よかったところをお伝えします。

価格の安さ

僕は4,800円で泊まることができました。当日飛び込みで行って、部屋が空いていたのでこの料金になったんだと思います。通常は5,900です。

公式サイトでも、限定プランとしてたまに安いプランがありますので、探してみるとお得に泊まれます。

立地の良さ

地下鉄御堂筋線の難波駅に地下道で直結しています。改札を出てから外を歩くことなく、到着することができます。

改札口からもすぐのところにありますので、とても便利です。

まわりには繁華街があります。食事をするところも困りませんでした。お店もいっぱいあります。

僕は、なんばウォークにあった大阪トンテキというところで、晩ごはんをいただきました。

参考:本みやけと大阪トンテキで肉グルメに悶絶の巻/大阪グルメ

道頓堀もすぐ近くですね。

部屋の広さ、高さがある

カプセルホテルと比べてということになりますが、かなり広いです。

20150621-6

部屋の中は、ベッドのほかに1畳弱くらいのスペースがあり、ここで着替えたり荷物整理などもできますし、なにより部屋の中で立つことができます。

カプセルホテルだと、カプセルの高さは1mくらいです。

20150629-1出典:GIZMODO

高さがあるということは快適さにつながりますね。

入浴施設、共用施設が清潔できれい

清掃がすみずみまで行き届いていて、とてもきれいでした。泊まる前のイメージでは、価格面からあまりきれいなイメージがありませんでしたが、いい意味で期待を裏切られました。

大浴場も

20150622-2

シャワールームも

20150622-11

ビジネスラウンジも

20150627-2

どこも明るく、きれいでした。

電源、ネット環境完備

キャビン内には、3ヶ所(机側、ベッド側)の電源がありました。カプセルホテルだと、カプセル内に電源がないか、あっても1つだけということがあります。

3つあると、ノートPC、スマホに使ってもまだ1つ余ります。そんなに使うの?という声があるかもしれませんが、多いと使い勝手が良くなりますよね。

スマホの電波も良く入りましたが、館内にはWifiも準備されています。

20150627-4

キャビン内でも使うことができます。

まとめ

初めてこのような簡易宿泊施設に泊まりましたが、思ったよりも良かったです。

キャビンに鍵がかからないことが心配でしたが、鍵のかかる収納や、セキュリティボックスがありましたので、荷物・貴重品の心配は全くありませんでした。

その分安く泊まれます。この料金でビジネスホテルに泊まったら、正直言ってうーんなホテルも多いですよね?

安く泊まれた分、おいしいものを食べたり、観光したりと、ほかのところに有効にお金を使えます。

何を重視するかだと思いますが、泊まる場所の選択肢の1つとして加えてみてはいかがでしょうか。

おしまい。miyamo(@dailysualog)でした。

スポンサーリンク

この記事がおもしろかったらシェアしてもらえると嬉しいです。

Twitterでのフォローお待ちしています。