夏までに痩せる置き換えダイエット。気をつけたい10のポイント

photo by Chris Huffman

photo by Chris Huffman

miyamoです。

以前に書いたこちらの記事では、実際に体験した置き換えダイエットを紹介しました。

夏までに痩せる!1ヶ月半で8kgダイエットできた方法を公開。
夏までに痩せる!1ヶ月半で8kgダイエットできた方法を公開。
miyamoです。 夏の季節も目の前にせまり、夏までに痩せると決意をされている人も多いのではないでしょうか? 実際、この...

実際に1ヶ月半で8kg痩せることが出来ました。これだけ減らせると、見た目にも変わり、顔がすっきり細くなったと、まわりからも言われました。

置き換えダイエットは簡単に取り組むことができて結果も出ます。より効果を上げるために、意識的に低カロリーなものを選んだり、間食を控えるようにしました。

そのなかでも、意識していたことがあります。無理なダイエットをしないということです。一気に痩せたいために、大幅に摂取カロリーを抑えるようなことは、危険ですし逆に痩せにくくなります。

他にもこんなところに気をつけていたり、意識していたことがありますので、ここで紹介していきますね。

これから、置き換えダイエットをしてみようとしている方の参考になればと思います。

それでは、いってみよー。

スポンサーリンク

置き換えダイエットで気をつけていたこと

置き換えダイエットにかぎりませんが、ダイエットに無理は禁物です。

続けていけば必ず結果は出ますので、急激なダイエットはしないようにしてください。

無理なダイエットを決してしない

一気に痩せたいと思い、3食すべてを置き換えにするというようなことは、しないようにしてください。

基礎代謝とは、生命の維持に必要なカロリーのことです。この基礎代謝を大幅に下回るような置き換えダイエットは危険です。最低でも、基礎代謝に必要なカロリーを摂取するようにします。

今までよりも摂取カロリーを抑えれば痩せていきます。無理なダイエットは健康に良くありません。

食事回数を減らさない

3食のうち1食を抜いてカロリーを抑えるようなダイエットはしないようにしてください。

食べないことにより、体が危険を感じて残りの2食から、よりエネルギーを吸収しようとしてしまいます。逆に太りやすくなりますので注意しましょう。

摂取カロリーを抑えるのは夜がおすすめ

朝や昼に吸収したカロリーは、生活の中で消費されますが、夜は寝るだけですので、摂取したカロリーがそれほど使われず吸収されてしまいます。

摂取カロリーを抑えるなら、夜がおすすめとなります。

体重の推移を記録につける

体重を記録することで、つらいダイエットの励みにもなります。毎日同じ時間に体重測定をして、ノートに記録をしていました。Excelが使える人は、グラフを作るとよりビジュアルで分かります。

食べ過ぎたときに体重が増えたとしても、別の機会に調整する必要があることが分かるようにもなります。摂取したカロリーもあわせて記録しましょう。

体重計は体脂肪率と基礎代謝が分かるものを使う

体重計は体脂肪率と基礎代謝に必要なカロリーが分かるものをおすすめします。体重と一緒に体脂肪率の推移も記録につけていました。

置き換えダイエットは、基礎代謝に必要なカロリーを目安に摂取していきます。計算でも算出できますが、体重計で表示されると簡単に目安がわかります。

体重測定を朝することにすれば、1日に摂取していいカロリーの目安を、簡単に決めることができます。

ダイエット中に停滞期はあるものと思うこと

体重の推移をつけていると分かりますが、痩せる時期と停滞期が交互にやってきます。

そのまま続けていれば順調に痩せていくのですが、停滞期を気にして更に摂取カロリーを抑えるようなことはしないようにしてください。

周囲にダイエットしていることを伝える

人との付き合いで断れない飲み会などに誘われてしまうことがあるかもしれません。

ダイエットしていることを宣言しておくことで、周囲も無理に誘わないなど協力してくれるのではないでしょうか。

また、ダイエット宣言をすることで、引くに引けないという状況を作って自分にカツを入れる効果も?

意識的に体を動かすこと

ダイエットをすると脂肪と一緒に筋肉量も落ちていきます。そのため、置き換えダイエットでもプロテインでタンパク質を取るようにしました。

筋肉をつけるために、電車内では立つようにしたり、階段を使うようにして軽く運動することを意識しましょう。これだけでも、十分に運動になりますよ。

食事では少しでも満腹感を得られるものを食べるようにする

ダイエット中は空腹との戦いでもあります。

カロリーを抑えるために量を減らすよりも、低カロリーなものを多く食べることで満腹感を得るようにしましょう。例えば鶏肉ならもも肉よりも、胸肉にするとカロリーを抑えられます。

食事はバランスよくとること

置き換え以外の食事では、意識的に食事内容をバランスよくしてください。

置き換え以外の貴重な食事タイムです。自分の食べたいものを食べてしまう気持ちはわかりますが、数少ない食事で不足している栄養素を意識して摂取するようにしてください。

まとめ

置き換えダイエットでのポイントは、1日の摂取カロリーを基礎代謝に必要なカロリー以下にしないことです。これだけは必ず守ってください。

今から始めれば、夏までには十分間に合います。無理なダイエットはしないようにしてください。

おしまい。miyamoでした。

スポンサーリンク

この記事がおもしろかったらシェアしてもらえると嬉しいです。

Twitterでのフォローお待ちしています。