Adsense審査用ブログのリライトにSEO対策を絡めてみる件

20150408-eyecatch

miyamoです。

前回の記事で、Google Adsense審査用のブログを本ブログに流用してみては?というようなことを、書いてみました。せっかく書いた記事ですから、そのまま消してしまったり、埋もれさせるのはもったいないですね。

Google Adsenseの審査に落ちた原因と通過するコツとは?
Google Adsenseの審査に落ちた原因と通過するコツとは?
miyamoです。 ブログアフィリエイトをする上で避けて通れないのは、Google Adsenseアカウントの取得です。 ...

今回は、審査用ブログの流用を、SEO対策面からも考えてみたいと思います。

これは、無料ブログから、自分でドメインを取ってWordPressに移行する場合でも使えます。過去の記事をどのように持ってくればいいのか。考え方は同じですね。

そのままコピーしただけでは、Googleからペナルティーを科せられ、SEO面で不利になることもありますので、手順をふむ必要があります。

スポンサーリンク

Adsense審査用ブログからそのまま記事をコピーするのは危険

Adsense審査用のブログは自分のものですので、そのままコピーしても良いように思われます。自分のものですので、著作権的には問題ありません。

しかし、Googleのことを考えると、大きな問題があります。

Googleは先にインデックスしたものをオリジナルとして判断する

Googleのクローラーがブログを見に来て、データが取得されると、検索結果に表示されるようになります。この状態をインデックスされているといいます。Googleで「site:(自分のブログのURL)」と検索すると、自分のブログでインデックスされているものが、表示されます。このブログなら「site:sualog.com」ですね。

インデックスは早い者勝ちで、先にインデックスされたものを、Googleはオリジナルとして扱います。

Adsense審査用ブログからそのままコピーしたとすると、オリジナルのあとにインデックスされることになります。そうすると、まったく同じ内容ですので、オリジナルではなく、重複コンテンツ=コピーされたものと、Googleに判断されてしまいます。

 重複コンテンツとみなされてGoogleからペナルティーを受けることもある

Googleは重複コンテンツにはペナルティーを科すことがあります。ペナルティーとは、検索結果に表示されなくなるというものです。

ペナルティーを受けると狙った検索流入を期待できない

Adsenseで収益を上げるためには、検索結果からの流入が重要です。

検索した結果、自分のブログに来てくれたということは、そこにある情報を必要としているからです。そのようなモチベーションの人は、Adsenseの広告をクリックする率も高いという傾向にあります。

重複コンテンツと判断されると、ペナルティーを科されて検索結果に表示されない=ブログの訪問者が減る=Adsenseの収益を得られないという図式になります。

Adsenseでの収益を目指している者にとって、このような状態は死活問題です。

GoogleからAdsense審査用ブログの痕跡を消せ!

移行先のブログを、Googleにオリジナルとして判断してもらう方法があります。それは、Adsense審査用ブログのインデックスを、Googleから消してしまえばいいのです。

こうすることで、移行先ブログがオリジナルとして、判断してもらえるようになります。

まずはGoogleウェブマスターツールに登録する

インデックスを消してもらうには、Googleウェブマスターツールを使います。ウェブマスターツールにまだ登録していない場合は、先に登録してください。

登録方法は、近いうちに記事にしたいと思います。

ウェブマスターツールでインデックスの削除依頼をする

ウェブマスターに登録できたら、インデックスを削除したいブログのURLを登録します。

20150408-1

ウェブマスターツールのメニューの中から、Googleインデックス→URLの削除を選んでください。新しい削除リクエストを作成をクリックしてください。

20150408-2

URL入力欄が表示されますので、削除するAdsense審査用ブログのURLを入力して、続行をクリックしてください。

20150408-3

削除対象のサイトとして、正しくURLが表示されているか、確認してください。大丈夫であれば、リクエストを送信をクリックしてください。

これで、Googleに削除リクエストが送られました。数日すると、インデックスが削除されます。

同時にAdsense用ブログを非公開にします

インデックス削除リクエストをすると同時に、Adsense審査用ブログの各記事を下書きの状態や、非公開の状態に変更しておきます。

こうすることで、再度インデックス化されるのを、確実に防止できます。

インデックスが削除されたか確認する方法

インデックスが削除されたら、Googleで検索しても何も表示されなくなります。

Googleで「site:(自分のブログのURL)」と検索をしてみてください。

20150408-4

このように、何も見つかりません。この状態なら、重複コンテンツと判断されることもなくなります。

まとめ

このようにすることで、SEO面から不利な状況を回避することができます。

インデックスが削除されたことを確認できたら、過去記事のリライトをスタートしてください。

そのままコピーするのもつまらないので、より検索に引っかかりやすいタイトルにしたり、本文中にキーワードを増やしたりと、修正することもオススメします。

キーワード選定などのさらなるSEO対策については、僕も勉強中です。お知らせできるまでに知識が増えてきたら、別記事でまとめていきますね。

おしまい。

スポンサーリンク

この記事がおもしろかったらシェアしてもらえると嬉しいです。

Twitterでのフォローお待ちしています。