ブログ記事を投稿する前にやることと投稿した後にやること

miyamoです。

ブログに記事をアップあする時の流れをざっくり書くと

  1. 記事を書く
  2. 記事を公開する
  3. 記事をシェアする

となるかと思います。

記事を公開する時に、チェックリストは作られていますか?実際にリスト化まではいかなくても、自分の中での決まった流れはあるでしょうか?

僕はまれに忘れてしまうことがあるので、ここで自分のためにも文書化しておきたいと思います。

記事の公開ボタンを押す前には、記事の内容や各種設定が正しいかを確認します。公開したあとも、Googleウェブマスターツールでインデックスを早めたり、SNSで記事のシェアを行います。

これらの作業を説明していきますね。

それでは、いってみよー。

スポンサーリンク

記事の公開ボタンを押す前にやること

記事を書き内容を推敲する

先日、僕の記事の書き方を書きました。

すあろぐの記事の書き方を公開します。
すあろぐの記事の書き方を公開します。
miyamoです。 先日、他にブログを書いている人と話をした時に、「miyamoってブログの文書長いよね?」と聞かれることがあ...

まず、読者が読みやすい文書を書くことが大切です。特に長い記事になると、文書の構造化で読みやすさが格段に上がります。

それ以上に大切なのは、記事の推敲です。書き上げた文書を読み直して、読みにくいとこと、間違いを訂正していきます。

チェックリストで公開ボタンを押す前のチェック

公開ボタンを押す前には、忘れやすいことの漏れがないかチェックしています。チェックとはこのようなものです。

パーマリンクを編集しているか?

パーマリンクとは記事タイトルの下にあるURL部分です。

20150502-1

ここは、はじめは「post-333」のようになっています。編集を忘れるとそのまま「post-333」がパーマリンクとして使われてしまいます。

この記事では「blog-post-working-333」として編集しました。

パーマリンクについてはこちらの記事もあわせて見てください。

Analyticsのためのパーマリンクはこれしかない!
Analyticsのためのパーマリンクはこれしかない!
miyamoです。 みなさんは、パーマリンクの設定をどうしていますか? WordPressでブログを始めるにあたって、悩...

アイキャッチ画像の設定が正しいか?

僕は各記事ごとにアイキャッチ画像を設定しています。

Simplicityでは、1つ目の画像を自動的にアイキャッチ画像にする機能があります。下書き保存を押した時点での1つ目の画像が、アイキャッチ画像に設定されます。

その時にアイキャッチ用の画像を記事に入れていなかったら、別の画像がアイキャッチ画像として設定されてしまいます。

公開ボタンを押す前に、アイキャッチ画像に何が設定されているのか確認します。違う画像が設定されていたら、正しいアイキャッチ画像を設定し直します。

カテゴリーの選択が正しいか?

カテゴリーの選択も忘れることがあります。自分で選んでいない場合は、未分類が自動的に設定されるようになっています。

未分類が選ばれてしまっていたら、正しいカテゴリーを選び直しましょう。

タグの設定は正しいか?

僕はタグを使っていませんが、タグを利用している方は、タグの設定も確認して下さい。

過去に使ったタグを再利用するのか、この記事向けに新しいタグを追加するのか?

タグは再利用したほうが、他の記事との関連性が高まります。カテゴリよりも細かい単位で記事のグルーピングができます。記事の回遊性を上げる手助けにもなりますね。

プレビューボタンを押して記事の内容を最終チェック

ここまでの各チェックが終わったら、プレビューボタンを押して実際のブログ画面で最終チェックをします。

これでOKとなれば、公開ボタンを押して公開します。その後にも、やることはありますよ。

公開ボタンを押した後にやること

記事を公開した後にやっておきたいことは、Googeのインデックス促進と、SNSでの記事シェアです。

Googleウェブマスターツールでの作業

サイトマップの送信

ウェブマスターツールのサイトマップを開きます。

20150502-2

すでに登録済みのサイトマップにチェックを入れ、「再送信」をクリックしてください。これで、Googleに対して、更新されたサイトマップを認識させます。

Fetch as Google

インデックス化を促進させるため、Fetch as Googleを行います。クロールの中にメニューがあります。

20150502-3

テキストボックスには、パーマリンク部分を入れてください。ここの例では「blogreport-201504-326/」となります。

入力できたら、「取得」をクリックします。

20150502-4

取得できると、「インデックスに送信」というボタンが表示されます。これをクリックすると、Googleにインデックス化を依頼することができます。

この作業により、通常よりもインデックス化が促進されます。

Google検索でインデックスされたかを確認する

これは、特に必要というわけではありませんが、僕は確認するようにしています。

20150502-5

検索語句として「site:ブログURL」とすると、自分のブログを検索することができます。このブログの場合は「site:sualog.com」となります。たくさん表示されるため、過去24時間に限定して検索しています。

最近はクロール頻度が上がってきたのか、Fetch as Googleを行うと数分で検索結果に表示されるようになりました。

SNSへシェアする

始めたばかりでは、Googleなどからの検索流入も少ないと思います。記事を読んでもらうために、Twitter、Facebook等で記事をアップしたことを伝えます。

僕は、Twitterをメインにしています。ツイートは、記事をアップした時、その後2時間おきくらいに24時まで何回かツイートします。あとは、翌日の7:30頃に1回ツイートしています。

まとめ

このように、僕が行っている作業を書いてみました。

特にウェブマスターツールでの作業は、インデックス化が早まりますのでおすすめです。SEO面でも有利という噂もありますね。

僕はパーマリンクの設定を忘れることがあるため、記事を書き始める前に設定してしまってます。一度下書き保存をすると、パーマリンクが編集できるようになります。

おしまい。miyamoでした。

スポンサーリンク

この記事がおもしろかったらシェアしてもらえると嬉しいです。

Twitterでのフォローお待ちしています。